わが家の猫記録
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005年08月31日 (水) | Edit |
気付くと、キバが1本になっていた。

050830_1334.jpg

あんなにふさふさだった猫じゃらしが、見るも無残な姿に…(;_;)。

スポンサーサイト

2005年08月30日 (火) | Edit |
パシャを置いて遊びに行ったから、ヒネてるんだろうか…。
もしかして、お刺身を食べたのがバレてる…?

050830_1333.jpg

「え?食べたのっ?」

2005年08月29日 (月) | Edit |
箱の中で遊ぶのなら、せめて、中身を出してからにしてもらって良いでしょうか?(--;)

050829_1325.jpg

「後にして~~

2005年08月28日 (日) | Edit |
あのぉ、アイロンをかけたいんですけど…(--;)。

050829_1329.jpg

また、やけどしますよ…(--;)。

2005年08月27日 (土) | Edit |
あのぉ、水槽の水を換えたいんですけど…(--;)。

050828_1320.jpg

「だめ~

いいかげんに、水槽の水を換えさせて下さい(--;)。

050828_1321.jpg

「やだ~

2005年08月26日 (金) | Edit |
パシャの上のキバの脇から、新しいキバが…。

下のキバだけでは、まだまだ大人とは言えんわい(-_-)ウム。

2005年08月25日 (木) | Edit |
Mac の上のラスカルが、蹴落とされ…(--;)。

050825_1097.jpg

「邪魔者は消すの

この後、すぐ、Mac から降りて、いそいそと私の膝の上に来て、寝はじめた。
あぁん、可愛いやつぅ~!(≧ω≦)

2005年08月24日 (水) | Edit |
シノドンティス・エウプテルス。
別名、フェザーフィン・シノドンティス。

050825_1094.jpg


恐竜みたいな名前だけど、背ビレなんか、やたら美しい(よね?ね?)。

底石が黒いと、何が何だか分からないので、白にしてみた。

サカナナマズの仲間なので、流木に逆向きに貼り付いていたりする。
物陰から、あまり出て来ないので、写すチャンスが難しい。
(他に、シノドンティス・デコルスもいるんだけど、水玉模様のヒレしか見えないし…(;_;))


2005年08月23日 (火) | Edit |
今日、飲みに行った時、M兄さんに会った。
M兄さんは、ココペリというバンド(?)の応援団長(?)をしている。

*****

実は、パシャは、ココペリのボーカル、カズミさんの紹介で、うちへ来ることになった。
猫好きのカズミさんは、自らも4匹の猫を買っているらしい。

お花見の席で、カズミさんと隣り合わせ、猫の話をしていた時、カズミさんの知り合いの方が、親のない子猫を4匹抱えて困っているという話を聞いた。
目が開いたばかりだと言う。
私としては、どうせ飼うのなら、小さければ小さいほど良かった。
実家で、目が開いていない子猫を育てた経験もあるし、運命の猫の一番可愛い時期を、見逃したくない(^^;)。

まあ、そんなこんなで、生後1~2週間の子猫を、貰うことになった。

4匹いるんだけど、性別はどっちが良い?模様は何色?と聞かれ、迷わず、メスの黒と答えた。
カズミさんが知り合いの方に連絡してくれて、「メスの黒猫、いるらしいよ」と言われた時も、本当はオスじゃないだろうか、本当はブチじゃなかろうかと半信半疑だった。
とうとう、うちに猫が来る…とウキウキした気分もある一方、何だか夢のようだった。(ってか、酔ってたし(^^;))

*****

翌日、近所のショッピングモールで会った4匹の子猫は、ミケ、白黒、黒白(黒が多い)と黒猫のパシャだった。
カズミさんの知り合いの方が、「ミケが一番、顔が可愛い」と言う。
確かに、可愛かった。
黒白も可愛かった。
白黒もそこそこ可愛かった。
黒は、一番小さく、しょぼくれていて、目なんか、片方開いてなくて、可愛くなかった(--;)。
「このコは、一番小さいけど、他のコの一番上に乗っかって寝てる」という、何かのアテになるのか、ならないのか、よく分からない情報があるだけだった。

でも、パシャにした。
「それが運命」だったんだろうと思う(-_-)ウム。

*****

数時間おきにミルクを与え、おしっこさせて、パシャはスクスク育った。
私に溺愛され、我侭で、内弁慶なコになった(--;)ヤレヤレ。

手足をひっかかれ、噛み付かれ、このコには兄弟姉妹が必要だったんじゃなかろうかと思う時、
「あぁ、あの時、もう1匹、貰ってくれば良かったかなぁ。」
なんて、思ったりする。

もう1匹居ても、育てるのは、さほど苦ではなかっただろうと思う。

*****

M兄さんが、「パシャ、元気?」と聞く。
腕の傷を見せ、「もう、手がつけられないくらい元気ですよ」と答える。

酔ったM兄さんが、「実は…」と話してくれる。
ずっと内緒にしていたらしいが、パシャの兄弟は、全部、死んでしまったらしい。
割と早い時期だったとのこと。

何が原因だったかは分からない。
病気になったのかも知れない。
カズミさんの知人は、犬は飼っていたけど、猫は育てたことがないと言っていた。
育てきれなかったということなのかも知れない。

あの時、箱の中で重なりあっていた、小さな兄弟たちを思い出す。
せめて、もう1匹、私が貰っていれば、そのコも救えたんじゃないだろうか…。
いっそ、私が、4匹まとめて引き取れば良かったんじゃないだろうか…。(←さすがに無理っぽいけど)

「それが運命」と言ってしまえば、それまでだが、小さな後悔が、胸をチクリと刺す。
せめて、パシャには、めいっぱいの愛情を注ぎたいと思う。

*****

そんな私の気持ちなんて考えもせず、今日も、パシャは、私の背中に飛びかかる。
別に感謝して欲しいなんて思ってないけどさ…(--;)。

もう、ほんと、マジで痛いんだってばっ!(;_;)

2005年08月21日 (日) | Edit |
一昨日、パシャの口を見た時に、気付いたのだが、パシャの下のキバは、左右に2本ずつある。

あれ?下のキバって、2本だっけ?それとも、もしや…と思っていたら、やはり、1本は乳歯だったらしい。

今日、見ると、右下のキバは1本になっていた。

抜けた歯は、飲み込むことが多いらしい。
どこかに落ちていればとっておくのに、残念ながら、どこにもなかった。

他の歯は、全部1本ずつしかないが、左下のキバだけが、2本ある。

*****

夕方、私に噛み付いた時、パシャの左のキバの1本がグラっとしたのを感じた。
そのまま、ガリゴリと私の手を噛み付くと、キバは、内側に倒れた。
チャンス!

モガくパシャを押さえ付けた時には、キバは抜け、舌の上。
それを無理矢理、取り出す。
やった!パシャのキバ、ゲット!(^^)

050825_1206.jpg


何か、ご利益ありそうなので、とりあえず、財布の中に入れておく。

2005年08月20日 (土) | Edit |
クラウンローチ。

050815_1085.jpg

「Zzz...」

オレンジと黒の縞模様が綺麗。
特に、胸ビレのオレンジは美しい。

何かとぼけた奴で、横になって寝る。
最初、死んでるのかと思ったよ(--;)。

2005年08月19日 (金) | Edit |
口の中をやけどしたと思われるパシャの、口の中を見ようと、噛まれた時に、口を開いて、中を見る。

特に異常は見られない。
喉の奥は赤いけど、ただれてたりしてはいないし、普通なのかな?

まだ、ちゃんと欠伸は出来て無い様子。
でも、元気は良い。
良すぎる。

痛い目にあったくせに、まだコンロに登る(--;)。
懲りん猫(--;)。

2005年08月18日 (木) | Edit |
昨日、ぐんにゃりしていたパシャは、午後になっても、キャリーバッグから出て来ない(;_;)。

夕方になって、やっと、のそのそと出て来て、ご飯をくれと言う。
食欲があるなら、安心かな。

その後、トイレも、ちゃんとしたし、ホッと胸をなで下ろす。

どうやら、口をやけどしたらしい。
欠伸をする時、めいっぱい口を開けていない。

*****

夜、元気になったパシャ、悪行三昧(;_;)。

もうちょっと、ぐんにゃりしとれっ!(--;)

2005年08月17日 (水) | Edit |
唐揚げを食べながら、ビールを飲んでいると、台所で、ガラガラガッチャンという音。
何ごとかと思って、台所へ行くと、パシャが、餌置き場の水入れを倒し、逃げ出すところ。

棚の下の段に入り込んでいるパシャ。
「どうしたの?」と言う私に対し、ファーーーーッ!フーーーーッ!と威嚇する(;_;)。

餌置き場は、コンロの下辺りにある。
どうやら、唐揚げを揚げた後、そのまま冷しておいた油と何らかの関係があると思われる。

パシャの体は、あちこち濡れている。
油の入った鍋には、特に異常は見られないが、ちょっとだけ油に触れたのかも知れない。
でも、水入れを倒した時に、濡れたのかも知れない。

何れにせよ、触らせてくれないので、判断出来ない。

タオル(取り押さえるため)と洗濯ネット(保定するため)を用意するが、気が立っていて、どうしようもない。
多少待って、パシャに触れる。
まだ、興奮状態で、逃げ出そうとしているが、大体はチェックする。
油はついていない。
どこかを庇うような動きもないし、一ケ所を舐めるようなこともない。
どこかを、やけどしたんじゃないかと思うのだが、何があったのか、さっぱり分からない。
様子を見て、いざとなれば、病院へ行こうと準備だけしておく。

パシャは、キャリーバッグ(寝床)に入って、出て来ない。(病院に行くには好都合だけど)
元気もないし、食欲もない。

パシャ~、何があったの~?(;_;)

2005年08月16日 (火) | Edit |
半月前まで、落ちていたのだが、最近は、掴まっていられるようになった。

で、掴まって、何するの?

050816_1093.jpg

「ファイト~!いっぱぁ~つ!

2005年08月15日 (月) | Edit |
最近は、先住の黒ヒョウも標的。

050815_1090.jpg

「先輩面しやがって!おりゃっ!」

050815_1088.jpg

「こうしてやるっ!」

2005年08月14日 (日) | Edit |
クロもアカも、いよいよ、ダメっぽい。
トラクロも元気がない。

白濁は、一向に改善される様子を見せないし、病気も蔓延している。
60cm 水槽は最悪の状態と言って良いだろう。
思い切って、2/3 の水替えをする。

底から、チビ(ジミの最初の子)が1尾、お☆様になって見つかった(-人-)。
他にもお☆様になり、そのままエビ葬されちゃったのもいるかも知れない。

私が気にするあまり、いろいろ入れすぎちゃったのが原因なのは、明らか(;_;)。
バクテリアは、入れすぎると、熱帯魚が呼吸困難を起こすらしい。(1種類につき、規定量しか入れてないけど、結果、混合することになっちゃったのかも)

反省し、今回は、最低限のものしか入れない。
テトラ コントラコロライン、テトラ アクアセイフ、ハイトロピカルの3つのみ。

やや、水の白濁は残っているが、透明度はあがった。
心なしか、魚たちも嬉しそう。

これでダメなら、完全にリセットしよう。

*****

夜、クロと、トラクロがお☆様になる。
アカも、明け方まで頑張っていたが、とうとう、お☆様になってしまった。

ごめんよー(T人T)。
君達の死は無駄にしないからね…。

2005年08月13日 (土) | Edit |
アジャとジミは、お☆様になった(-人-)。

ソードテールのメスに、白い点がある。
アジャと同じ状態。

水温は、高め(28℃)に設定してある。
白点病ではないと思うのだが…。

午後、水槽を除くと、ソードテールのメスは、目まで、白いもやもやに包まれている。
痒がっている様子はないが、水かび病?

隔離し、グリーンFで薬浴。
夜、お☆様になってしまった(;人;)。

クロも、アカも、尾が溶けていっている。
ハイトロピカルは入れてあるのだが…。

2005年08月12日 (金) | Edit |
60cm 水槽の白濁した水は、一向に透明になる様子がない。
入れる前より、白濁してるし…(--;)。

アジャとジミは、隔離する。
もうダメかも…と思いながら、塩水に入れる。

アカも、元気ないみたい。

水が白濁しすぎていて、よく分からない(;_;)。

2005年08月11日 (木) | Edit |
1週間前、水質を気にし、60cm 水槽に、バクテリアを繁殖させるモノを入れたのだが、改善される様子がない。
薬を入れたときの白濁は、大分マシにはなったが、まだ全体が白っぽい。

隣の飲み屋の大将に、「フィルターは?」と言われる。
普通にメンテしているつもりだが、スゴイろ過材(って、何?)を入れてみようかなぁ。

早速、ホームセンターでろ過材と、フィルターに入れる石みたいなのを購入。
入れてみる。
麦飯石の液体も入れてみる。

尚一層、白濁する(--;)。
しばらくすれば、透明になると書かれている。

これって、どこかで見た気が…。

*****

アジャの元気がなく、体やヒレに白っぽい点がついている(;_;)。
ジミも元気がない(;_;)。
一時、治って来ていた、クロの尾ぐされ病も、悪化したみたい(;_;)。

2005年08月07日 (日) | Edit |
パシャ、なんで、くまちゃんがここに寝ているか、知ってる?

050815_1084.jpg

「知らな~い

2005年08月04日 (木) | Edit |
ティッシュ、もう入ってないんですけど…(--;)。

050804_0989.jpg

「あるかも、あるかも…

2005年08月03日 (水) | Edit |
60cm 水槽の水が気になる。
なんか、白っぽい気がする。

隣の飲み屋の大将に言うと、入れると水が透明になるやつが、売られているよとのこと。

早速、近所のホームセンターへ行く。
あるある。
バクテリアを繁殖させ、白濁の原因になる食べかすやフンを分解するらしい。

夜、早速、使ってみる。
水が一気に白濁する。
だが、しばらく待てば、透明になると書かれている。

効果に、期待。

2005年08月02日 (火) | Edit |
隣の飲み屋の大将に車(エアコンなし(--;))を出してもらい、ネットで見た熱帯魚屋へ行く。
割と最近(と言っても、1年ほど前)出来たらしい。

HP から印刷した案内と地図を大将に見せる。
画像では、喫茶店を改造したかのような店構え。
水槽が200あるって話だけど、そうは見えない。
大将も、半信半疑。

実際に行ってみると、中は結構広め。
大小取り混ぜ、200位の水槽はあるかも。

ディスカスとアロワナに力が入っているらしく、奥のコーナーが凄い。
特にディスカスは凄い。(値段はアロワナの方が凄い)

金魚も海水魚も結構いるし、水草も沢山ある。
小さい熱帯魚コーナーも充実。

何より、お店の人の対応が良い。
今まで、何件か行ったけど、ここが一番かも。

1時間ほど居て、買ったのは、
 青コリ(Co.パレアトゥス)1
 パンダちゃん(チビ)2
 ソードテール(グリーン)1ペア
 クラウンキリー3
 フェザーフィン・シノドンティス1
 シノドンティス・デコルス1

シノドンティスは、プレコを物色していた大将が見つけ、一目ぼれ。
小さい方の水槽で飼うつもりで購入。(シクリッドでも飼うつもりだった)
いずれも10センチほど。(大きいものは40cmになるとか…。小さく育てたい)

物陰に隠れる性質があるので、60cm水槽に入れていた流木を1つ入れてあげる。
ちょっと土を掘り、隠れるスペースを作る。
入っていた水草は、60cm水槽へ。
何か、土(人口)、流木、シノドンティスだけの30cm水槽は、色目が地味(笑)。

Co.アドルフォイが欲しかったんだけど、ちょっとお高めなので、今回はやめておいた。
前にいたパンダちゃんは、単独行動が多かったけど、チビパンダは2尾とも、他のコリについていく。
かわいー!(≧∇≦)

ソードテールは、よく見る赤いのじゃなく、グリーン(青?)の発色があるものにした。
派手な赤だと、水槽内が、更に、ばらばらな感じになりそうで…。

クラウンキリーは、♂2、♀1で買ったつもりだったけど、♂3かも…(^^;)。

今回、大将は、プレコを買わなかったので、物色を持ちかけ、また車を出してもらおう~♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。